適応障害で休職→復職中。

適応障害で病気休職から復職中のアラサー男子が日々を綴ります

適応障害の僕の24回目の診察~減薬の未来~

こんにちはーぶてぃー。

柚紗雪です。

 

すっかり診察に行かないと書かなくなってしまいました…

 

本日の目次はコチラ↓

 

 

 

yuzu-sayuki.hatenablog.com

 

 

~一人の病休~

 

4月の年度当初となると、まぁバタバタするのはどの職業も同じかと思います。

 

私の係の場合、4月5月は正直忙しくない時期なのでゆったりしているのですが、私が引継ぎを受けた人がなかなかの方たちから受け継いでおりまして(笑)

 

その処理に追われた4月でした。

変な処理をしていて爆弾が…という訳ではないのですが、「やってない」という事案が多々ありまして(笑)

 

ただ、その状態を係長は気にかけてくれていたのが不幸中の幸いでした。

 

そして、4月末。

私の係から病休に入られる方が出ました。

 

その方は、前の事務所でもお休みをしていた方で、その時の病がうつ病なのか適応障害なのかは知りませんが、今回も恐らく再発に近い感じでお休みに入られました。

 

その人は、とかく仕事を隠してしまうタイプで。

 

どうしたらいいか分からない→積む→積み上がった物量故に手が付けられない→助けも求められない→積んだまま隠す→いつしか爆発する

 

というタイプです。

個人的にはこのタイプは正直褒められたものではないと思います。

 

もちろん、助けを請うことができないというのが、明らかな周囲の環境のせいであれば致し方無いと思いますが、それがそうでないのならば、良くないなと思います。

 

その人はさらに今の係長との相性が非常に悪く…というのも理由だと思うのでたぶん適応障害かなと思います。

 

自治体の税金部門となると、病む人が多いのです。私も自分が病む前も毎年のようにお休みに入る人、復帰した人を見てきました。

 

ただ、自分も休職を経験した今、改めて病休に入る人を見ると、かなり感じ方が違います。

 

「自分もきっかけ一つでまた分かんないな…」

と。

今はある程度元気に働いているとはいえ、病む前の元通りという状態ではありません。

 

スピードを武器にしていた選手が、ケガ・リハビリを経て、技術で勝負するタイプになって戻ってきた

みたいな感じでしょうか。

 

元気に働いているようで、意外と崖と隣り合わせなのかもしれません。

 

~違って見える~

そんな話をしたところ、我が主治医のみき先生は、

 

今まで何の気なく歩いていた道も、一度石に躓いた(適応障害になった)ことで、今同じ道を歩いてみても全く違うように見えていると思うんです。

 

小さな石が気になるようになったり、怪しい障害物に敢えて近づいて確かめてみようとしたり。

 

でも、それは躓いたんだから当たり前なので、そういう歩き方に慣れていけば良いんですよ。

 

本当にそうだなと思いました。

 

その歩き方を、びくびくしてビビってると捉えるのか、慎重になったと捉えるのか。

かなと思います。

 

~下半期は半錠~

次の診察は7月。

その時の診察で、減薬となる予定です。

 

今は、リフレックス(ミルタザピン)を1日1錠飲んでおります。

それを、1日半錠にしようということですね。

 

予定では、今年の上半期を1錠、下半期を半錠で1年乗り越えられたら、診察の間隔も延ばしていこうという感じです。

 

では。

 

ラヴぃ

ラヴぃ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

適応障害の僕の23回目の診察~反動を危惧して~

こんにちはーぶてぃー。

柚紗雪です。

 

ブログ講座的なものによると、記事頭の挨拶は要らないらしいです。確かに、検索で引っ掛けてその1記事読んでもらって、リンク踏んでもらって稼ごう!!と考えたら不要ですね(笑)

しかし、当ブログは辿り着いた人が何記事も読んでいくものだと思って(思い込んで)いるので愚直に続けますw

 

今日は2か月ぶりの診察でした。復職初年度&繁忙期を乗り越えた私。

本日の目次はコチラ↓

 

 

 

yuzu-sayuki.hatenablog.com

 

 

~ハイ~

 

復職し、異動し、初年度を迎え、年明けからの繁忙期をどうにか乗り越えた私。

 

繁忙期も、ほぼ全く残業をしなかったとは言え、久々に凄く「働いた」感じがしました。

どうにか大きなミスも遅滞もなく終えたのですが、3月後半の異動等々により、私の係の人員が一人減らされました。

 

そう、これが公務員というものですね(笑)

そもそも毎年人員が減っていっているのにもかかわらず、仕事は増え続け、尚個別に人員が減り続けるという(笑)

減らされた人員は決して戻らない…。

 

人員が一人減るということは、各個人の業務量が単純に増えるということ。

私の係は、地区担当制なのですが、担当地区が純増する。

 

そして、気付けばR3年度の私の持ち件数は係内トップになっておりました(笑)

 

なので、気分の変遷でいうと、

 

繁忙期:心身ともに死亡

直後:開放感から少しハイ

異動発表後:持ち件数に不安爆増

年度末~現在:吹っ切れて割と元気

 

こんな感じです(笑)

 

 

~反動~

 

そんなお話をすると、先生からは、

 

・1年近く休職した人の経過としてはかなり順調な部類

・昨年のこともあるし、繁忙期を乗り越えて今少しハイになってる可能性もあるので、反動に気を付けて、次の診察は8週ではなく7週後に

 

 

ということでした。

 

 実は、昨年の6月頭にかなり死んでいました。

その記事がコチラ↓

yuzu-sayuki.hatenablog.com

 

ハイになってるというのは、少し自覚もありまして。

やや調子に乗っているというか、「頑張ったやん!?イケるやん!?」と思うことで、2年目の不安をかき消そうとしているというか…。

 

また、繁忙期を頑張ったことで、肉体的にも精神的にもどこかで反動、ひずみが来るだろうとも思っているのです。

 

そこを先生も危惧してか、いつもであれば2か月に1回、大体8~9週間おきに診察なのですが、次は5月末の金曜となりました。

 

~半錠~

 

そして、次の診察で調子が良ければ、今、1日1錠飲んでいる抗うつ薬リフレックス(ミルタザピン)を1日半錠に減薬していこうか…という話になりそうです。

 

ハイ気味の4月を終えて、GW後の5月、6月がどうなっているか。

 

ということですね。

では。

 

復職初年度が終わった件

こんばんはーぶてぃー。

柚紗雪です。

 

今日は3月31日。復職して異動して初年度が無事終わりました。

なんとか生き延びました。

 

本日の目次はコチラ↓

 

 

 

yuzu-sayuki.hatenablog.com

yuzu-sayuki.hatenablog.com

 

 

~谷底の雨期~

 

3月上旬に復職し、4月1日付で今の部署に異動してきました。

しかし、異動してすぐ緊急事態宣言が発令され、当時繁忙期ではなかった我が係は時差出勤や、自宅勤務を命じられました。

 

それが結局5月いっぱいまで続きました。

 

そして、急にフル出勤になった6月の頭。

私は再び壊れました。ある日曜日には久しぶりに過呼吸を発症し。

 

そして、明くる月曜日。

私は、昭和の香りかほる体育会系係長に正直に打ち明けたのでした。

 

辛いです…

 

と。

話した結果、

事務分掌は減らさない。ただ、幸い有り余っている有休をふんだんに使って、自主的にセーブ出勤をしていこう。

 

となったのでした。

 

毎週1日くらい休みを入れ、週4日出勤がデフォに。

そして、この辺りから、他の係員にも自分が昨年病んで休職明けであることを話すようになりました。

 

ここが転機だったかなと思います。

 

もとから主治医に言われていたんです。

復職して3か月くらいが危ない

 

と。

正にそのとおりでした(笑)

 

それでも、

 

・正直に上司に状態を打ち明けたこと

・同じ係の人たちに休職明けであることを打ち明けたこと

 

これが私としてはすごい良いことでした。

 

~繁忙期~

そして迎えた年明けからの繁忙期。

 

これはきつかった…。

みんなは毎日のように22時近くまで残っていたけど、私は毎日ほぼ定時。

 

これには訳があって、自分の仕事しかしなかったから(笑)

係の仕事というかそういったことを自主的にはほぼやらなかったからですね。

 

この辺は多少、休職明けであることを免罪符的に使ってしまったからかもしれません。

 

でもそこで、無理矢理頑張って、オーバーヒートしてぶっ壊れるよりは遥かにマシだろうと思ったのです。

 

~2年生~

 

そして明日から2年生。

 

繁忙期をほぼ残業なしで乗り切ってしまったからなのか、持ち件数がわずかではありますが係内トップになってしまいました(笑)

 

引継ぎも今年でご退職される方からの地区がメインなので、手つかずの物が一杯(笑)

だから、明日から超不安です。

 

でも少し吹っ切れてる部分もあります。

 

「これだけ積まれたんだから、仮にぶっ壊れても俺のせいじゃねーし。」

と(笑)

 

そういえば、採用2年目の頃に似てるなぁ。

あの時も一気にエース級の業務を持たされて、その他色んな尾ひれの業務もついてきて、不安だったなぁ…。でも1年ノー残業で乗り切ったんだよなぁ…。

 

と過去の栄光にすがろうとすれど、今はあの頃とは違う自分。

低位安定性が増しましたね(笑)

 

 

去年も書いたけど、来年の今日はどんな気持ちでいるんだろう。

 

youtu.be

 

八王子少年〜春よ、来い〜feat.RYOJI

八王子少年〜春よ、来い〜feat.RYOJI

  • LITTLE
  • ヒップホップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 キックとケツメとかいうアラサーホイホイ(笑)

では。

 

僕等は言葉でできている

こんばんはーぶてぃー。

柚紗雪です。

 

漸く繁忙期を終え、ノリでブログを書きます。

 

昔、もう10年以上前ですね、「世界は言葉でできている」という番組をやっていました。

その番組が僕は大好きで。

 

内容としては、昔の偉人有名人の残した名言が一部空欄で出題されるので、解答者たちがそれを自分なりの言葉で空欄を埋めて解答するというもの。

 

解答はその場で会場のお客さんによって審査されます。

覚えてる解答者は、林先生、設楽さん、若林さん、又吉さん、ライムスターのお二人、スカパラの谷中さんとか。

 

出ている人も好きな人が多くて、大好きな深夜番組でした。

 

まぁ、そもそも僕は「言葉」という言葉が好きなのです。

 

言の葉なんて言ったりもしますが「葉」が使われるじゃないですか。「葉書」もそうですけれど、「葉」の字が使われている感じがいかにも日本っぽくて良いなと。

 

さて、やっぱり我々は言葉でできていると思うのです。

 

目は口程に物を言うなんて言うし、非言語的コミュニケーションも溢れかえっているけれど、やっぱり会話で、文章で、我々は色んなもののやり取りをしてるんじゃないかなと。

 

引き寄せの法則なんてものは好かないのですが、「言霊」みたいなものは何となくあるような気がしています。

発する言葉で人の個性は間違いなく創り上げられていて、外からの見た目というか「どういう人に見られるか」というものに間違いなく大きなウェイトを占めているように思います。

 

 

やっぱり、良い感情を、プラスの言葉を振りまいていく人は何となく好かれる感じがしますよね(笑)

 

頭に浮かんだ言葉を裸のまま出しても、嘘やオブラートに包んでも、それはその人の言葉ですからね。

 

そう、そこで、病んで尚思ったことは、「正直に言葉にすること」の大事さ。

 

 

本気で壊れそうだと、ヤバいと思った時は、

 

ヤバいです!!

 

と言葉にすること。

 

心療内科の診察において、今の自分の状態を着飾らないこと。

あれこれと伝えるべきことを考えてきたり、メモってきたりしても、いざ診察の時になると、何か良い状態風に伝えてしまうことありませんか?

 

私が通っているのは、心療内科ですが、そういった診察は本当に、言葉・会話がほぼすべてと言っても過言ではないです。

 

もちろん、先生方は我々の雰囲気とか顔色とか、色んな言葉以外のところも見ているんでしょうが、やはりメインは会話です。

 

そこで、遠慮なのか何なのか、実際の状態よりだいぶ盛った元気感を出してしまって、診察後に後悔する的な。

 

 

私も最初の頃やってしまいましてね(笑)

 

それを凄い後悔して、本当にありのままを話すようにしました。

 

悪いことがあれば、悪いことがあったと、出来なかったことがあれば、正直にこれが出来ませんでしたと。

 

 

多くの人がきっと、嘘をつくなと物心ついた時には教わってきたことでしょう。

 

でも、年齢を経るにつれ、嘘が上手くなっていく。

ゴリゴリ着飾った故に、核心からかけ離れた言葉を解き放っていくことが多くなる。

嘘と気付かれないような嘘がつけるようになっていく。

 

 

ちなみに、私はクソ親父から「誰も不幸にならない嘘はついて良い」と言われたことが未だに心に残っております(笑)

 

 

もちろん、他人を慮って言葉を選ぶことは大人には大事なことです。

 

でも、正直に言うべき機会に正直に言葉にできること。

 

それもまたやっぱり大事なのだと、28歳で病んで身に染みた柚紗雪でした。

 

では。

 

 

適応障害の僕が気分が落ちた時に聞く音楽~懐メロ編~

こんにちはーぶてぃー。

柚紗雪です。

 

今回は、至極個人的趣味に基づいた音楽オススメ(押し付け)記事です。

懐メロ編です。

1991年生まれから見た懐メロとは…

 

本日の目次はコチラ↓

 

 

 

yuzu-sayuki.hatenablog.com

 

 

PERSONZ/DEAR FRIENDS~

 

youtu.be

 

フルバージョンが公式であがってないのが悲しいところ。

1989年、「ママハハ・ブギ」の主題歌だったそうです。

タイアップのことまで知らなかった…

 

ボーカルのJILLさん率いるパーソンズ

「涙を拭いたなら、ひとりじゃないのよ」というサビの部分がとても好きです。

 

ひとしきり泣いた後にこれを聞くと立ち上がれる気がするのです。

小学生並の感想ですが、しょうがない(笑)

 

 

 

CHAGE and ASKA/太陽と埃の中で~

 

youtu.be

 

「YAH YAH YAH」?「SAY YES」?「ひとり咲き」?「万里の河」?

 

個人的にはこの曲が一番好きです。

結局この曲の中では、夢はつかめないんですけどね。

でも、

追い駆けても追い駆けてもつかめないものばかりさ

 

とは正にそのとおりで。

でも、社会への復帰に向けて、もがいてもがいて…そんなイメージで聴いてました。

 

 

 

尾崎豊僕が僕であるために

 

youtu.be

 

正直、尾崎豊さんはあんまり好きじゃないんです。

と言うよりは、ある世代の熱狂感がどうしてもリアルタイムでないので理解できないというか…(百恵さんなんかも同じです。)

 

でも、この曲は刺さる(笑)

 

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

 

そう。

適応障害やうつなどに対して「勝つ」というのはあまり好かないですが、今の状況に「勝つ」という意味ではそのとおりだと思います。

 

 

ユニコーン/すばらしい日々~

 

youtu.be

 

この曲を書いた時、奥田民生さんは28歳。私が適応障害と診断されたのも28歳。

 

この曲を書いたのはユニコーンの当時のごたごた、活動休止、その辺の事情があって適応障害とは関係ありませんが、染みたんです。

 

染みたという言葉は陳腐ですが、それ以外で表現できないほどに染みたのです。

 

外出訓練もかねて行っていたヒトカラでよく歌ってました(笑)

 

 

本田美奈子Oneway Generation

 

youtu.be

 

現代最強のアイドルは鈴木愛理だと思いますが、歴代の最強アイドルはこの人だと私は思います。

 

この曲で歌われている世代はたぶん10代もしくは20代前半で、アラサーで病んだ私とは違うかもしれない。

夢に向かって旅立つ曲だけど、別に旅立ったわけじゃない。

 

でも、もしこのブログ、この記事を読んでくれた中にその世代がいるならこの曲はお願いだから聴いてほしい。

 

秋元康はこの頃を思い出してほしい(笑)

しかしかわいいな。

 

 

 

以上、5曲をご紹介しました。

結局80年代~90年代前半の曲になってしまいました(笑)

 

70年代にも大好きな曲はクソほどありますが、個人的に応援ソング系はあまりなくて、ご紹介できずでした。

 

では。

 

Oneway Generation

Oneway Generation

  • provided courtesy of iTunes